ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旦那様もLV34にして遠隔1だったので、
属性合わせドーピングアナボラオンラインをお薦めしました。
LV上がってからの熟練上げがこんなにマゾいとは(;´Д`)
060531-3.png
バファーさんもお嘆きです。
んでもこれで最低ラインの底上げは完了したから、明日からレベリング再開だね~♪と意気込んでいたふたり。…それは悪魔の道とは知る由もなく…。



初コメントを寄せて下さったAさんと、お友達のBさんにお会いする事ができました( ´ ▽ ` )ノ
うほっ。イイ男女。
060531.png

実はブログを見て心配になったとの事…。
えっ。

060529-4.png

これ?(´・ω・`)?

ノバス住民との接点がなかった為に、基準が判らなかったワタクシなのですがAさんの熟練聞いて玉がもげるかと思いました。いや、ついてないって。

軽くヤバイらしい。

ヤバかったの!?これ見てニヤニヤ(・∀・)されてた!?

Aさんにすがるオレ。熟練を上げる最低ラインの目安は、今のLVの装備品がつけられる位と教えて頂きました。ウンウン…近接防具31のだし遠隔に至っては言わずもがな…足りてないね(ノД`)シクシク

LV上がれば熟練20もらえる対象モンスターは少なくなっていっちゃう訳で。
つまりこれからどんどん上げにくくなるという仕様。
泣きながら熟練4のモンスターを殴る事になりかねない恐怖小説。
確かに高LV盾なんて装備に熟練68必要ですもんね。あんな上げにくいもん68までどうしろと…ッ。20もらえなきゃやってられないって事ですか…!

自分の無知に衝撃を受けていると、「熟練特訓にいくよ~」とのありがたいお誘い!オオッ。お話までできた上にPTとは!夢のようです…。・゚・(ノ∀`)・゚・。

電車を初体験(※「追尾」モードで楽々移動♪)し、到着したのは沈黙の沼。ターゲットはバファーレックス。以前に突撃して玉砕済みです。
Bさん:「盾なるから後ろから殴ってね」
オオゥそんな恐れ多い!では早速…と剣を振ったら
バファーの旦那に小突かれて死。
近接補助かけてなくてBさんより前に出ちゃってました♪
手間かかりすぎだろ自分_| ̄|○

迎えに来て頂いてしまって再度沼GO。
Aさん:「そうだ、服脱いで~」
えっ。そ、そんな大胆な…!って違いました。装備脱いで盾も外すと攻撃スピードが上がるんですって!ほぉぉぉまたひとつトリビア。速く、沢山殴れれば時間当たりの熟練取得量は上がりますもんね。
060531-1.png
すいません手間のかかる子ですいません。

しかも盾用にと、パイモンさんを養子に…!
060531-5.png
いつもイシスさんを壁にしてた事がどんなに非道だったか判る硬さっぷりです。
パイモンさんも育てたくなってしまいます(*´∀`*)

近接に続き遠隔も特訓して頂いて…
060531-8.png
こんなんなりましたー♪ヒャッホーイ
ありえないスピードで上がりました(;´Д`)ハァハァ

お着替え!お着替え!
遠隔装備は
060531-6.png
うほっ。超パンチラ。
足速いのと攻撃速度UPがこんなに快適とは。

近接装備は
060531-7.png
相変わらず小股が切れ上がってます(・∀・)

本当に何から何までありがとうございます!
みんなこうやって面倒見てもらってきたんだから気にしないで~って言ってくださったのが沁みました。ちゃんと交流あるじゃないか…!自分がそこに近づいていなかっただけなんですね。

私がこんなんで、旦那様のほうも心配だったんですが。さすがに一人で盾+殴りをしてただけあって、遠隔以外問題ナッシングでした。チクショーヽ(`Д´)ノ

お二人に初のフレンドリストを交わして頂いて、RF LIFEの革命的な一日は更けたのでした。うーむ熟練度、奥が深いぜ。

スポンサーサイト

LV34になりました。
遠隔熟練1のまま放っておいた事がやっぱり気になるコラ民です。
そこで今回は ネタのために 遠隔熟練を1から脱出させてやろうと思います。
参考サイトはRF online Wikiです。
果たしてLV34で上がるのでしょうか…。

まずスティンクバグの沸き場に行き、
大人気なくフォース全開で狩りまくる事小一時間。(※無人だったから許して)

インテ弓GET。
060529.png
遠隔熟練1で装備できる精一杯の武器。(;´Д⊂)

LV34だとアナボラが熟練入る最低ラインのモンスターなので
ヤツの弱点属性である風の矢が必要です。これ…店売りしてないよね…?

で。

スペシャリスト投入。

060529-1.png
LV3まで育てて放置してあった彼がこんな形で役に立つとは。
せっせと矢を製造して製作熟練を12まで上げること小一時間。

060529-2.png

できましたー( ´ ▽ ` )ノ
これを作れるまでにかかった製作費は50万くらいでした。

ようやく実戦に移ります!
装備:LV7インテ弓・風属性矢・攻撃8%UPアクセサリ×2・LV31近接防具
そしてアドレナリンポーションでドーピング。

ここまで準備した時間と手間は果たして報われるのか…!

060529-3.png

MISS多いけど当たってるー!
熟練は、ファストショットがクリティカルを出して大きいダメになったときに入ってきます!

ヒャッホーイ。
アナボラオンラインをすることまた小一時間で

060529-4.png

立派に上がりました。
これで心残りだったスタミナ増強のメドが立ちました!
鍛えるものが増えて忙しそうだけどちょこちょこ上げていきます。


LV33になって装備チェーンジ!
060527.png
うほっいいパンチラ。;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

で、後の祭りになってる事があるんですがね↓
060527-2.png

遠隔ゼロ。

各熟練度がステータスUPに関係してる事に気付かないまま、
「HPとFPは伸びてきたのになんでスタミナだけ上がらないんだろー」と
ある日ようやく情報サイトを覗いた訳ですよ。

『スタミナは遠隔熟練度で上がります』

おほー。そうだったんだ。じゃぁ弓買ってこよ。

その時のLVは24。バルキーランカーに当てれば熟練度が入ります。
弓持って外出て構えて打ちました。

…お察しの通り一発も当たらなかったデス_| ̄|○
銃も投げナイフも試しました(←無駄)
まぁ死に直結するステではないからイイっちゃイイんですけど、
もったいない事したなと思います_| ̄|○

LV24まで杖以外の武器を持ってこなかったので
「やばい、近接も上げられないんじゃないか!?」と青くなったのですが。
ミスクリックでモンスターに突っ込み殴りをしてた過去のお陰で近接は3ありました(;´▽`)y-~~ アハハ
おっちょこちょいもたまには役に立つもんだ…

近接装備はイシスさんを育てる時と聖戦時にとても重宝しています。
とくに盾がイイ!攻撃をまぐれでもブロックした時は快感さ~♪

で、この近接装備にちょっと疑問があるんですがね。
装備欄ではこうなのに↓
060527-1.png


表面積減ってないか!?
060527-3.png

プロテクターの役目果たしているのか甚だ疑問です。


30のインテ武器が欲しくてイシスさんとセット砂漠へ。
060525-7.png

他種族の装備がぼろぼろ出ますね。コラの装備下さい(;´Д`)

薬が尽きかけた帰り際に30両手剣インテンスGET。
味をしめたので、薬補充してもう一度セット砂漠へ行こうとポータルに降り立つと…戦闘音が聞こえる。
ポタ周りってモンスター沸くっけ…と見回したら誰かがコラNPCと戦っています。レーダーにはピンクの点
ベ、ベラート!?聖戦以外の場所で初遭遇です。
あれって倒せるんだ…と見ていたら、向こうもこちらに気づいたようです。
そして走ってきます。ヒィ。

死の予感。

即効ポタをクリックしてHQへ飛び逃げ。助かった~と胸をなでおろしたものの、一息ついたら好奇心がムクムクと沸いてきます。
…今の私じゃ貢献減ったってどうってことないし…ムゥ…。

再びセット砂漠へ降り立ってみると、戦闘音は聞こえません。
いなくなっちゃったかなと見回すと、さっきのベラっ子がポタのすぐ近くに武器携帯したままちょこんと座っているのを見つけました。
私に気づいて立ち上がるベラっ子。
や、やられる?やられる?(←恐怖刺激)

すると武器を外したではないですか。
モーションで手を振ってみると振り返してくれる!おおッ。
060526.png

しばしモーションを出し合って、またちょこんと座りました。私も座ります。
横座りしてるって事は女の子なんでしょうか。女の子にしときます(独断)
RF始めて日が浅いので、相手のLVがどのぐらいなのかも見当つきません。
060526-1.png

さて…他種族には言葉が通じないんだよね…。
それでも他PCとの交流に飢えていた私は、彼女に話しかけずにはいられません。
強いんだねーとかここまで遠かったでしょとか
他から聞いたら痛い独り言の応酬(;´Д`)
と、彼女も何か話してくれます。
060526-7.png

てか私愚痴ってるやん。

PvPがテーマな舞台で異種族に触れるってのは、単に物珍しいってのもあるけれど一種タブー的な匂いがします。そのドキドキ感もあるし、他PCとこんなに長い時間を向かい合って過ごすのは初めてで、ハイになって色々話しかけてしまいましたね。
勝手に脳内翻訳しながら会話は続きます。
060526-6.png

うん。痛いよオレ。

060526-4.png

その間もNPCが彼女にちょっかい出してきましたが、素手で撲殺してました。
060526-2.png

全種の武器を携帯しているようで、でっかい斧とか長い槍とか見せてくれました。私はイナンナさんをお披露目。
イシス出したらミスクリックで攻撃しちゃいそうだったからね(ノ∀`)ゼッタイヤリソウ

会話してたら戦争がコラ勝利で終了。拍手でお祝いしてくれて、ジャンプで喜びを表現する私。会話できてるじゃーん。
掘りにいかないの?って聞いてるような気がしたので、ドリルを出して応えます。
060526-5.png

そしてお別れ。
ありがとう、とても楽しかったです。またどこかで会えるといいね。

てか、ほんとに女の子でよかったんでしょうか。


初めて行く場所で、初めて見るモンスターに出くわすと必ず突撃します。
旦那:「戦ってみないと無理かどうか判らんからなー」
ごもっとも。
そして数秒後には大の字に並んで寝っ転がり、大空を見上げて綺麗な色だねぇとか言いながら帰還ダイアログをクリックする二人。経験減らない事もあるし戻すアイテムもあるせいか、死んでも気にならないRF楽しいよー(゚∀゚)

さてヌメロスを冒険中、アサシンビルダーAにいつものごとく突撃→大の字。
出直して今度はソイツを避けながら、好奇心のおもむくままに先へ先へと進んでみる。
と、海が見えてきました。
海だー♪と走りかけたトコロ、
旦那:「あ、お姉ちゃんがおる」

お姉ちゃん?

060525-6.png

ピットボスって書いてあるんですが。

これがウワサのピットボスってやつですか!
数時間に一度しか沸かないというレアモンスター!
初めて見た!デカイ!すげえ!
これは…いっとくしかないでしょう(・∀・)


……
さすがに無理なのは判りきっていたので私は飛び逃げしましたけどね。(←非情)

後日その場に行ってみたら、またお姉ちゃんが沸いてました。
今度は二人揃って砂浜に埋もれてみる。
いつか倒せる日がくるのかなー。


トレードマシンでチェックして、イシスは1000万↑(時価)する事が判っていたのでずっとコツコツお金貯めてました。出たものは残さず拾う!掘ったら石売る!
で、ある日LV37のイシスが1300万で売られているのを発見。うおおおイイ玉がドナドナされてるぜ!しかし所持金はようやく1000万に乗ったトコロ…。

旦那様から300万借金_| ̄|○<ありがとうパパン…

そこからはもう二人してクエストをこなしーの、ナイアードヘラーを狩りまくりーの、で
LV30到達しました!
幸子(※クィアネカン)に申請してとうとうサマナーに転職です。

念願のイシス!イシス!とわくわくしながらクリック。

あれ。
出てこない。

「召喚熟練度が足りません」

そんな予感はしてたんですよねー(ノ∀`)タハー

召喚熟練LV7あればいいようなので、それまでイナンナさんに頑張ってもらいます。
060525-3.png
自分のHPを削りながら必死に回復してくれるイナンナさん。健気です。
しかも1回回復するごとに召喚熟練が3600とか4000とかバッカバッカ入ります。
あれよあれよという間に熟練7到達。

うっしゃカモーン!イシスー!
060525-4.png

でかっ。
乳がじゃなくて全体が。いや乳もでかいか。
とにかく強い!ただ強いが故に悩みが!
召喚主よりLVが7も高いだけあって自分たちが狩ってるモンスターでは彼女に経験が入らないという落とし穴。
さすが1300万だぜ。

まぁイシスを加えたら実質ペアからトリオになるので、少々ランク高めの所も行けるよって話に。そしたら一緒に育つかな♪
ちなみに旦那様はチャンピオンに転職。もりもりHP増やしてムキムキになりましょう。


今日も旦那様とペアオンライン。
060525-2.png

だいぶノバスの生活に慣れてきました。

マップが広いからなのか、
ノーマルチャットがほとんど聞こえてこないMMOって初めてです。
自然と自分も無口になります…。
聞くに堪えないシャウトが延々垂れ流されるのもヤダけど(´・ω・`)
セット砂漠で助けて頂いて以来、旦那以外と会話していません。

ちょっと寂しくなったある日…コラ民との交流が再び訪れたのです!

横殴りで(´A`)

クエストでアナボラオンラインやっていたんですよ。
後ろから人がススーっと近づいてきたのが見えたら、私の頭上をフォースが跳び越えてアナボラに命中。

ん?

PCの描画速度の差でタゲかぶるのなんて珍しくないので気にせず次のアナボラへ。

ぴしー。どーん。

また後ろからフォース。もうこれは確信犯。
クエストってトドメさした人にカウントされるので、これでは私は勿論、盾になってる旦那様があまりにもやり損です。

動きを止めて睨み合うこと数十秒…。
旦那様がアナボラへ走りました。ヤツも追ってきます。
アナボラに斬りかかる~と見せかけてスルー。走り去る私達の背後で、アナボラの往復ビンタの音がピシピシ聞こえてきました。どうなったかは見てません。

人が殴っているモンスターを他のプレイヤーが攻撃できる仕様なのですから、ユーザー側ではどうしようもないですね。
やめてってこちらが意思表示すればやめたかもしれないけれど、仕様にのっとってしゃぁしゃぁと横殴りしてくる、そんなプレイスタイルの人と一緒の場所にいるつもりはありません。

そうそう、私のRF LIFEには目標があります。タイトルに掲げているように、今までためらって出来なかった「内藤プレイ」をする事です(内藤プレイを間違ってとらえてるかも…)

要するにこんな時、「ちょwおまwwww」とか言いたいなと。うおー!言ってやりたかったぁぁぁぁぁぁぁ!


プレイしていると何か右下に時計が表示されました。
そして聞こえてくる族長からのメッセージ。
これが聖戦ってやつねー、まぁLV低いしまだまだ参加できないやねと語りながらバルキーランカーを狩り続ける私たち。
と、イキナリ画面に

ジャキーン!ジャキーン!!

ビビリます。(;´Д`)
いつまで経っても心構えしててもビビるがな。
そして聞こえてくる専門用語。
ACU?CG?螺旋?デバフ?
LVうんぬんの話じゃなく、まず今の段階では指示すら理解できません。
でも何か盛り上がってて楽しそうです…。

「行ってみようか」

聖戦現場にノコノコ現れたLV20台。
立派な的として散りました(*´д`*) ハァハァ

聖戦って対人うはおkなドロドロ修羅場かと思ってたのですが、いやーこれはすごい!
次々に入ってくる各場所の戦況、指揮官の指示ひとつでドバーッと流れるように動き出す本陣。すげえカッコイイ!こんな集団戦があるんだと血沸き肉踊りましたよ。
情報サイトで専門用語をお勉強し、何回か足を運んで指示内容を理解できるようになったらまた楽しくて。スポーツの実況中継に似てます。

火力は1だし、当然戦力になんてなってないけれど。
例えば敵さんが私を狙ってる時間、強い人が少しでも先へ進めればいいと思って参加しています。

で…皆さんあの混戦状況のなかでどうやって敵さんをタゲれるんでしょうか…。
いくらやってもコラ民しかクリックできない_| ̄|○
機甲さんは大きいからクリックしやすいんだけどな~近づいていっつも潰されてます(・∀・)


初めて降り立ったノバスは昼と夜があり、時間に合わせて船が飛ぶ世界。
「3Dで綺麗なのってFFXIだけっしょ」と思ってた世間知らずさを後悔しました_| ̄|○

060525.png

マップが広くて高低差があってとにかく迷う
戦闘の仕方はすんなり身についたけれど、
カメラ操作と移動がマスターできない(;´Д`)
突然モンスターに突っ込んで杖で殴り始めるコラ民は私です。
旦那:「うわーあれ強そう~」
私:「どれどれ?」
と振り返って見るだけのはずが、イキナリそいつに突っ込んでしまい何度旦那様を大の字にさせた事でしょう。

危なっかしいながらも次々あてがわれるクエストを順当にこなし、LV19のある日…

))))))))))))〔!〕 ポンポーン♪

小林幸子さんからバルキーランカーAを倒せと指令が入りました。
060525-1.png ←幸子

初めての中立地帯へお出かけです。
中立地帯って…他種族もくるんだよね…と
興味深々でHQからセット砂漠に降り立ったものの、地図がねえ。
まぁ折角来たしちょっとうろつくか~となり、砂漠よーッ♪と元気よく駆け出した旦那様に

チュンッ

ばた。

後から判った事ですが、まだ入ってはいけない所に迷い込んでしまって
ベラート人の姿したNPCにやられた模様。

もう一回出戻りし、場所どっちだろーとキョロキョロしていたら

コッ。コッ。

ん?何の音?とまだ不慣れなカメラ操作で見回したら誰かが旦那様を殴っている…。
こっ、これはアクレシア!?

初めて見る他種族に「おお~ッ」と見入っていたら
ランチャーぶっぱなされました♪ テヘッ。

たまたま通りがかった方が応戦してくれて、「排除しました。守れなくてごめんね」ってわざわざWIS下さったのが感動でした(ノ∀`)
WISの打ち方判らなくて返事が遅くなってしまい失礼しました…。
今もお姿見かける度に熱い視線を送っております。

初めての他種族との遭遇、初めての狩られ体験、そして初めての先輩コラ民との交流。
この日はいくつものRFの魅力を経験したのでした。

後日、地図も購入して幸子の指令は無事完了できました。
二人でヒィヒィやってたその時も、ちょっと離れた所から見守ってくれている人がいて。
いつかそんな振る舞いができるようになりたいと思いつつ、
今日もどこかでばったり倒れている私なのでした。


半年前あたりから気になっていたものの、他MMOやっていたので手を出さなかったRF。
導入のきっかけはスターターキットを電気屋で発見した事に始まります。
私:「やっぱり面白そうだなぁ。安いし買っていこうか…でも私のPCで動くか判らんし…」
旦那:「んじゃ体験期間あるはずだからダウンロードしてやってみるべ」
散々いじくり回しといて買いませんでした。
まぁ宣伝効果はあったという事で。

早速落としてみたらアータGWキャンペーンで
3日間のお試し期間が1週間に延びてるじゃないッスか。
所帯持ちはこういうオトク感が大好きです。
RFへの好感度はプレイ前からギュンギュン上がります。

さてサーバーを選べとな。
北斗の拳を彷彿とさせるアター(※ATER)が気になりつつも、
響きが気に入ったのでカリストを選択。

さて種族を選べとな。
公式サイトでイラストを眺めた時にはベラートにキュンキュンしてたのですが、「アニムスを使えるのはコラだけ!」というジャンプのような宣伝文句にグラっとくる私。
育成系は大好きだし、召喚獣なんてまさにファンタジーや~って事でコラ民に決定。
職はもちろんサマナー狙いでスピリチュアリスト。

さてキャラメイクとな。
MMOってこれしてる時が一番楽しい~。
選べるパーツが多いので組み替えて遊びまくって、決定。
気に入ったキャラを作ることがそのゲームを楽しめるかのキモと思います。
自キャラハァハァ推奨です。

ハァハァできる土台は完成。
そしていよいよノバスの地へダイブ!
このブログにたどり着いたノバス住民の皆さん、
新人コラ民の生活を生暖かく見守って下さい( ´ ▽ ` )ノ




| HOME |

Design by mi104c.

【BelleIsle-ベルアイル-】
(C)VerX Inc., Developed by HEADLOCK Inc.
【MONSTER HUNTER Frontier-モンスターハンターフロンティアオンライン-】
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
【RF online Z】
(C)1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved.
(C)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
-RF online-Published by SEGA

Copyright © 2006 ベルライフ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。